[PR]アフェリエイト広告を利用しています

情熱大陸 寺田宜弘wiki風プロフィール!名前の読み方は?経歴まとめ!

寺田宜弘のwiki風プロフィールは日本人初の〇〇 情熱大陸

2024年2月25日、情熱大陸に寺田宜弘さんが出演します。

寺田宜弘さんは、2023年に紅白の審査員を務めるほど影響力のあった方です。

寺田宜弘さんとは、いったい何者なのか、wiki風プロフィールで紹介します!

この記事でわかること

  • 寺田宜弘のプロフィール
  • 寺田宜弘の名前の読み方
  • 寺田宜弘の経歴

寺田宜弘さんふがどんな人なのか、wiki風プロフィールで一緒にチェックしてみましょう♪

 

情熱大陸 寺田宜弘wiki風プロフィール!名前の読み方は?

寺田宜弘さんの名前は、読み方を迷う人もいるようです。

名前の読み方やwiki風プロフィールを見てみましょう♪

 

寺田宜弘の名前の読み方

寺田宜弘と書いて『てらだ のぶひろ』と読みます。

人生の半分以上ウクライナで過ごしている寺田宜弘さん。

現地の人たちからはなんて愛称で呼ばれているのでしょうね☆

また調査をしてわかり次第追記していきますね♪

 

寺田宜弘wiki風プロフィール

寺田宜弘さんのプロフィールはこんな感じです。

本名 寺田 宜弘(てらだ のぶひろ)
誕生日 1976年4月22日
現在の職業 ウクライナ国立バレエ 芸術監督
出身地 京都府
学歴 ウクライナ・アカデミー大学芸術学部教育学科
家族構成
  • 父:寺田博保(寺田バレエアートスクール創立者・校長)
  • 母:高尾美智子(寺田バレエアートスクール主宰)
  • 兄:寺田健人(医師)
  • 妻:寺田アナスタシア(ウクライナ出身バレリーナ)
趣味 料理(煮込み料理が得意)

寺田宜弘さんは、料理が得意で生徒さんを自宅に招き腕をふるまっているそうです♪

監督という役職にも関わらず、親しみやすい人柄なのがわかりますね☆

家系は両親、奥様とともにバレエ一家なんですね!

 

情熱大陸 寺田宜弘の経歴

寺田宜弘さんの経歴はこんな感じです。

  • 11歳、単身でキエフ(現キーウ)に渡る
  • 日本人初となる旧ソ連の国費留学生としてキエフ国立バレエ学校で学ぶ
  • 1995年『キエフ・バレエ(現ウクライナ国立バレエ)』に入団
  • ソリストとして多くの舞台に出演
  • 引退後は、キーウ国立バレエ学校芸術の監督に就任
  • 2016年ウクライナ政府よりウクライナ人民芸術家の称号が授与
  • ロシア侵攻の時はヨーロッパに逃れ、教え子たちのサポートにあたっている
  • ニューズウィーク日本版で世界が尊敬する日本人100に選ばれる
  • 2023年には紅白歌合戦の審査員をおこなう

寺田宜弘さんは、日本人初のウクライナ国立バレエ監督になったすごい人なんです。

ウクライナ国立バレエ(旧キエフ・バレエ)は、 1867年創立のウクライナ国立歌劇場を本拠地とするバレエ団です。

ボリショイやマリインスキーとならぶ、旧ソビエトの3大バレエとされている名門バレエ団で、数多くの著名なダンサーを輩出してきました。

ウクライナ国立バレエ団は、クラシックバレエの作品を中心に上演し、国際的なツアーも数多く行っています。

 

情熱大陸 寺田宜弘wiki風プロフィールと経歴まとめ

情熱大陸に出演の寺田宜弘さんは、日本人初のウクライナ国立バレエの監督になられた方です。

現在、48歳という若さでそんな大役、本当にすごいことですよね!

寺田宜弘さんは、世界に影響をあたえた日本人として、情熱大陸以外にもメディアからも注目されていくことでしょう。

経歴などまた追加されましたら、wiki風プロフィールに追記していきますね♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました