[PR]アフェリエイト広告を利用しています

脇園彩の経歴をwiki風プロフィールで紹介!年齢やあだ名、所属事務所まとめ!

脇園彩の経歴がすごいwiki風プロフィール 情熱大陸

情熱大陸に出演のオペラ歌手、脇園彩さんは表現力の高さに今注目を集めています。

脇園彩さんがどんな人なのか気になりますよね!

そこで今回は、脇園彩さんのwiki風プロフィールを紹介します。

この記事でわかること

  • 脇園彩のプロフィール
  • 脇園彩の経歴
  • 脇園彩の受賞歴

脇園彩さんのプロフィールを見てみましょう。

 

脇園彩のwiki風プロフィール


脇園彩さんのプロフィールはこんな感じです。

本名(読み方) 脇園 彩(わきぞの あや)
誕生日 1988年1月23日
職業 オペラ歌手
出身地 東京
居住地 イタリア ミラノ
学歴 桜蔭中学
桜蔭高校
東京藝術府大学
東京藝術大学院
身長 非公開(約170㎝)
体重 非公開(約62,5kg)

イタリアでは大人気のオペラ歌手で最近、日本のメディアにも多く出演するようになってきました!

 

年齢

脇園彩さんの年齢は、2024年3月現在で36歳です。

ピアニストの辻井伸行さんや、歌手のMay.Jさん、加藤ミリヤさんなどが同じ誕生日ででした!

この誕生日の人は、実力派なアーティストが多いですね。

 

あだ名

脇園彩さんのあだ名は公開されていません。

しかし、現在脇園彩さんは、イタリアで暮らしています。

そのまま「あや」のファーストネームで呼ばれているのではないでしょうか?

 

所属事務所

脇園彩さんの所属事務所は、株式会社AMATIです。

事務所は東京の赤坂にあり、世界で活躍するクラシック音楽のアーティストのマネジメントや企画をしています。

脇園彩さんが所属する、このAMATIという事務所は、音楽たちが多く所属しているようですね。

 

脇園彩の経歴

経歴の履歴書とペン

脇園彩さんの経歴はこんな感じです。

脇園彩 劇団員の両親のもと東京都で生まれる

脇園彩の幼少期、お雛様の前の写真

脇園彩さんは、東京都出身で両親が劇団員です。

そのため、幼いころから舞台を見て、影響を受けていたようですね。

 

 

脇園彩 桜蔭中学・高校を卒業

小児科医を目指していた脇園彩さんは、猛勉強のをして、2000年に難関校の桜蔭中学に合格しました。

2013年には桜蔭高校へ入学。

このとき、はじめて英語の舞台を経験し、舞台の魅力にドはまりしたそうです。

 

 

脇園彩 東京藝術大学を一浪で繰り上げ合格


東京藝術大学音楽学部に一浪して、繰り上げ合格をした脇園彩さん。

周りの実力の高さに、最初の頃は劣等感を感じていたようですが、無事に声楽科卒業しました。

その後、2013年に同大学院音楽研究科修士課程声楽(オペラ)を専攻。

「ドン・ジョヴァンニ」のドンナ・エルヴィーラ役でオペラデビューをします。

 

脇園彩 イタリア・パルマ音楽院に留学

イタリアのピサの斜塔と天使の像

脇園彩さんは、2013年大学院を卒業後、イタリアのパルマ音楽院に留学しました。

高校時代テレビのイタリア語講座で勉強していたイタリア語でしたが、に言葉の壁に苦戦。

一時、ひきこもりになってしまったそうです。

それでも苦労の末、パルマ・アッリーゴ・ボーイト国立音楽院ビエンニオコースを経て、ミラノ・スカラ座研修所を修了します。

 

脇園彩 2014年イタリアでオペラデビュー

バラの花びらと楽譜

2014年の夏、脇園彩さんはペーザロのフェズティバルにおいてアカデミア・ロッシニアーナ(一環で優れた若手歌手)に選抜歌手として参加。

「ランスへの旅」のメリベーア侯爵夫人役に抜擢されます。

イタリアでのオペラデビューを果たしました。

2014年11月には、子供たちのためのプロダクションで「シンデレラ」のタイトルロールとして、ミラノのスカラ座デビューを果たしたのです。

 

脇園彩 スカラ座で数々の功績を残す

脇園彩とスカラ座の会場

その後も、スカラ座では数々の作品に出演していた脇園彩さん。

「ファルスタッフ」 のメグ・ペイジ夫人役は好評でした。

セビリアの理髪師」では、ヒロイン・ロジーナ役としてRuggero Raimondi, Massimo Cavallettiと共演し、成功を収めました。

 

脇園彩 実力が世界に認められる

港の近くで腰をかける脇園彩
2016年1月にはヴェローナのフィラルモーニコ劇場、5月にはボローニャ市立歌劇場に出演。

脇園彩さんは、数々の賞を受賞し、多くの出演する舞台は成功を収めます。

東京でも、ベートーヴェン「交響曲第九番」でアルト・ソロを務めて好評を博した脇園彩さん。

大野和士指揮の東京都交響楽団によるニューイヤーコンサートでは歌劇《カルメン》よりアリアを披露して好評。

日本においても活動の幅を広げました。

現在、脇園彩さんはイタリアを中心に活動し、最も注目される若手アーティストのひとりとされています。

 

脇園彩の受賞歴

金のトロフィーがたくさん並んでいるところ
脇園彩さんの受賞歴はこんな感じです。

  • 東京藝術大学院3年…安宅賞
  • 東京藝術大学院卒業時…アカンサス音楽賞・同声会賞受賞
  • 2022年…第52回ENEOS音楽賞洋楽部門奨励賞受賞

脇園彩さんはまだまだ、活躍の幅を広げている注目のオペラ歌手です。

 

脇園彩の経歴、wiki風プロフィールまとめ

舞台の上で両手を広げて歌う脇園彩

引用:脇園彩公式インスタグラム

脇園彩さんは、情熱大陸に出演する、今大注目のオペラ歌手です。

wiki風プロフィールでは、伝えきれないほどの努力をされていた脇園彩さん。

現在は、イタリアのミラノに拠点を置かれ活動しています。

しかし、あふれた才能で今後は、世界でもっと注目されていくことでしょう!

脇園彩さんの今後の活躍が楽しみですね!

また、功績などが追加され次第、記事に追記していきます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました