[PR]アフェリエイト広告を利用しています

脇園彩は桜蔭中学・高校で大学はどこ?専科や学歴をまとめて紹介!

脇園彩の学歴は?中学・高校・大学のまとめ 情熱大陸

現在、イタリアで活躍中のオペラ歌手、脇園彩さん。

情熱大陸にも出演し、注目が集まっています。

脇園彩さんは、じつはすごい学歴の持ち主なんです。

きれいで頭もよくって実力派な脇園彩さんが、どこの学校に行っていたか気になりますよね!

そこで今回は、脇園彩さんの中学・高校・大学を徹底調査しました!

この記事でわかること

  • 脇園彩の出身中学
  • 脇園彩の出身高校
  • 脇園彩の出身大学

情熱大陸に出演の脇園彩さんの学校を学歴を、学生時代のエピソードと一緒に見てみましょう!

 

脇園彩の中学は桜蔭中学

脇園彩さんは2000年に桜蔭中学に入学しています。

桜蔭中学は、偏差値71の女子御三家の私立中学です。


東京大学に進学する人数もトップクラスの私立中学なんですよね。

脇園彩さんは小学生のころ、小児科の先生になるのが夢でした。

「医師になるために、有名中学に入学して有名大学に入らないと!」と思ったんだとか。

猛勉強のすえ、見事合格をつかんだ脇園彩さん。

脇園彩さんはこの時の猛勉強について、今はいろんなことを知るきっかけになってよかったと思っているそうです。

相当な努力をされたことがわかりますね。

 

脇園彩は中学時代で舞台に目覚める

脇園彩さんは中学時代に舞台の世界へと目覚めました。

中学時代のエピソードを、インタビューでこのように語っています。

入学した桜蔭中学は、周りが天才ばかりでした。自分のアイデンテティを失いかけましたが、中学2年の時に入った英語劇部で、舞台に立つ快感を覚えました。そのころから将来の夢は小児科医からミュージカルの舞台へと変わっていきました。

引用:朝日新聞GLOBE

中学受験は合格して終わりじゃなくて、そのまま学力をキープするのも大変なんですよね。

しかも周りは天才ばかりだとしたら、あっという間に埋もれてしまいます。

それでも、あわただしい生活の中で舞台へ魅力に気づいたんですね!

これが、脇園彩さんのスタートラインだったのかもしれません。

 

脇園彩の高校は桜蔭高校

脇園彩さんの通っていた高校は桜蔭高校です。


中高一貫校なので、中学校からそのままエスカレーター式にあがったようですね。

 

脇園彩は高校時代イタリア語を勉強

脇園彩さんは、高校時代にイタリア語を勉強していました。

テレビのイタリア語講座を見て自主的に勉強していたのは、オペラの本場、イタリアに憧れていたからなのかもしれませんね。

しかし、この勉強があっても、大人になって言葉の壁にぶつかります。

イタリアでは、コミュニケーションがむずかしくひきこもりになっていたこともあったそうです。

天才の脇園彩さんにもつらい時期があったんですね。

 

脇園彩の大学は東京藝術大学

芝生の上の教科書と卒業証書と帽子

脇園彩さんは、東京藝術大学を卒業しています。


東京藝術大学には、一浪で入学。

合格者の1人に辞退が出て繰り上げ合格だったそうです。

入学した時点で、学年で成績が一番下だったこともあり、周りの美声ぞろいこの同に不安があったんだとか。

それでも、同学院卒業を卒業しました。

脇園彩さんは、大学院を2013年に修了しています。

 

イタリアパルマに留学

イタリアミラノにあるスカラ座の外観

2013年10月、文化庁の奨学金を得てイタリアのパルマ音楽院に留学しています。

2014年に、ペーザロで開かれたロッシーニ音楽祭で、イタリアデビューを果たした脇園彩さん。

世界中から若手歌手が集まるミラノ・スカラ座アカデミーの研究生に合格しました。

2015年には、ロッシーニの歌劇「チェネレントラ」で、イタリアオペラの最高峰スカラ座の舞台にも立ったすごい人です。

 

脇園彩の学科

脇園彩さんが、東京藝術大学音楽学部で学んでいたのは声楽科です。

同大学院音楽研究科では、修士課程声楽専攻(オペラ)修了しています。

中学時代は舞台の魅力に気づいただけでしたが、大学では本格的にオペラの道に進んだようですね。

今はこんなに活躍されているということは、舞台に目覚め、オペラを選んだことが運命だったのかもしれませんね!

 

脇園彩の学歴まとめ


脇園彩さんの中学と高校が桜蔭だったとは、高い学歴にびっくりでした。

東大進学率が高い、中学や高校に通っていたにも関わらず、音楽の道を選んだ脇園彩さん。

その選択は、運命だったのかもしれませんね!

脇園彩さんの実力は、現在活躍中のイタリアでは収まりきらないようです。

情熱大陸で放送の、脇園彩さんの軌跡。

見逃せませんね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました