[PR]アフェリエイト広告を利用しています

マンウィズアミッション正体はグランツ!7つの証拠とSNSの反応は?

マンウィズアミッション正体はグランツ決定的証拠 エンタメ

狼の被り物をかぶったバンド、マンウィズアミッション。

マンウィズアミッションの正体が誰なのか気になりますよね!

マンウィズはファンの間で『狼人間』『究極の生命体』って言われているよ♪

じつは、マンウィズアミッションの正体が、Granz(グランツ)というグループだと言われているんです!

そこで今回は、マンウィズアミッションの正体がGranz(グランツ)な証拠を紹介します☆

 

マンウィズアミッションの正体はグランツ


マンウィズアミッションは、ファンにばれているようで『正体はGranz(グランツ)だ!』と言われています。

なぜかというと、解散時期やメンバー構成などがマンウィズとぴったり当っているからです。

グランツは5人組のロックバンドで、2002年~2009年まで活動していました。

ファンはいましたが、大ヒットを連発することはなくグランツは2009年に解散しています。

マンウィズのプロジェクト発足は2010年で、メジャーデビューは2011年。

タイミングがぴったり過ぎませんか?

マンウィズは、オオカミの被り物をかぶった衝撃的な見た目ですが、そのサウンドや条件からしてファンからは『グランツでしょ!』と言われるんですよ。

 

マンウィズアミッション正体がグランツだとわかる7つの証拠

なぜ、多くの人にマンウィズがグランツだと言われているのには5つ証拠があります。

今回は、その証拠をまとめていました☆

証拠①メンバー構成と楽器が一緒

マンウィズは、グランツのメンバー構成と担当する楽器が同じです。

5人組の同じ背丈で、ロックバンドと言う点が一緒ですよね☆

マンウィズとグランツのメンバーと、担当楽器はこんな感じです。

グランツ マンウィズ 担当
Tsuyoshi トーキョータナカ ボーカル
Hiroshi ジャンケンジョニー ギター・コーラス
Akito カミカゼボーイ ベース
Hiroaki DJサンタモニカ DJ
Yumiza スペアリブ ドラム

ドラムのリブさんは、途中でYumizaさんから前原篤史さんに交代している可能性があります。

見た目は変わらなく手も、ドラムの叩き方やふんいきなどでファンにはメンバーチェンジしたことがわかっているようですね!

 

証拠②マンウィズなのに出演者名でグランツと書かれていた

じつは、公の出演情報にグランツ(マンウィズ)と書かれていました。

2010年3月7日にライブハウス『渋谷eggman』で、開催された「Bar Come On Rock ! -バカモンロック- vol.3」というマンウィズのデビューライブで起きたことです。

そのとき、出演者名はこんな感じで書かれていました。

The Mammals
Grantz
ゲビル
THUNDERBEAT
石原 有輝香
越尾 さくら

引用:mixi

あれっ?マンウィズは?ときっとファンはびっくりしましたよね(笑)

 

証拠③グランツの曲をカバーしている

マンウィズがグランツの歌をカバーして歌っているのも証拠のひとつです。

グランツ マンウィズ
7月の雨 RAIN OF JURY
Nothing’s gonna change my way NOTHING’S GONNA CHANGE MY WAY
Rock In The House ROCK IN THE HOUSE

これは一部です。

いくらファンでも、こんなにカバーすることってないですよね!

きっと自分たちの持ち歌だったにちがいないと予想しています(笑)

 

証拠④同じ所属事務所で代表との関係性


マンウィズアミッションは、エッグマンという事務所に所属しています。

グランツも同じエッグマンという事務所に所属していました。

そして、株式会社エッグマンの代表はグランツのNishidaさんです。

そして、この方がマンウィズのベーシスト『カミカゼボーイ』だと思われる証言がネット上でも多く見られました。

某ブログに、西田さんについて、こんなふうに書かれています。

  • オオカミの被り物で踊っていたのが本人だと知り…
  • 前身は「ドライビング・ホース」というバンド…
  • 渋谷の(株)エッグマンの経営権を買取り社長になり…

ドライビングフォースは以前、西田さんがグランツになる前に入っていたバンドです。

SKULL MANIAという音楽イベントに件の西田社長が駆けつけ、狼の被り物で会場を盛り上げたという話もあります。

これは、マンウィズ結成前のイベントですが、この頃からすでに構想があったのかもしれませんね♪

 

証拠⑤10‐FEETとの関係性


グランツは、2003年「SHOW FIELD」というライブで「10-FEET」と共演しています。

現在、マンウィズアミッションも10FEETとは仲がいいです。

ほかにも、同じ世代のバンドと交流があり、グランツのころの関係性を維持していいるようですね。

この交友関係を見ても、マンウィズがグランツだった可能性は高いと思います☆

 

証拠⑥mixiで狼に化けると布石?


mixiにあったGRANZのコミニュティで、そこでオオカミバンドに化ける布石のような書き込みがありました。

この頃のグランツのことを知ってるファンからすると、マンウィズアミッションがグランツであることを隠していない印象を持てますよね。

 

証拠⑦黒塗りの顔から正体がバレている


マンウィズアミッションは狼の被り物をしていますが、ライブのときは顔を黒塗りして出演しています。

そのときの黒塗りの顔から、鼻の高さや目の大きさなどやっぱり隠しきれていないんですよね。

そのため、マンウィズは黒塗りでもファンに顔バレしているようです。

以上のことから、マンウィズアミッションの正体はグランツではないか?と言われています☆

本人たちの口からはっきり発表があったわけではありませんが、想像すると夢が膨らみますよね(^^)

 

マンウィズアミッションの正体がグランツ?SNSの反応

マンウィズアミッションはファンの間で正体がグランツだと言われていますが、みんなどう感じているのでしょうか。

SNSの声をまとめてみました☆

もう、マンウィズでもグランツでもなんでもいい!!

あのメンバーとあのサウンドに惚れたんですよね!

グランツ時代の曲をカバーしていることに気づいているファンは多いですよね。

なぜか、マンウィズと検索するとグランツもでてきちゃう案件(笑)

グランツの曲をカバーしているけどマンウィズが歌うといい曲に聞こえるという声もありました。

しかし、グランツとしてまた顔出しして活動してほしい声もあります☆

今後、マンウィズはどうなっていくのか目が離せませんね!

 

マンウィズアミッションの正体はグランツまとめ

マンウィズアミッションの正体はグランツだというのはファンの間では有名なようですね☆

グランツのファンだった人も、見た目は変わってもまたあのサウンドや雰囲気を味わえるなんて最高ですよね!

マンウィズアミッションが被り物をする理由も気になるところですが…

マンウィズアミッションは、狼の被り物をいつはずすのかまだわかりません。

もしかしたら紅白歌合戦で、マンウィズアミッションの素顔が見られるかも!?

そのときは、正体がグランツだった!とはっきりするかもしれませんね♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました