[PR]アフェリエイト広告を利用しています

藤井風【花】の歌詞意味を解釈!『いちばんすきな花』4人の今後を表している?

いちばんすきな花『藤井風』歌詞意味が深い ドラマ

今大人気ドラマの『いちばんすきな花』は、いろいろな悩みや生きづらさを感じていた4人が出会い、

このドラマの主題歌は藤井風さんが歌っている『』で、歌詞がストーリーにリンクしていると話題になっているんです♪

歌詞をよく聞いてみると、4人の過去についてや、今後どうなっていくのかがわかうような内容に感じます。

そこで今回は、藤井風さんの『』の歌詞意味について解釈してみました☆

歌詞意味が分かればストーリーがもっと楽しくなるはず!

ぜひ、一緒にチェックしてみてくださいね(^^)

 

藤井風【花】の歌詞意味は4人の今後を表している?

藤井風『花』

作詞・作曲:藤井風

ドラマ『いちばんすきな花』の主題歌、藤井風さんの『』は4人をな歌詞が多いです。

前半は、4人の過去について触れているような感じで、後半は前向いて生きていく4人の今後についてなのかなと感じがします。

部分ごとに歌詞意味について解釈してみました☆

 

【花】1番Aメロの歌詞意味

この1番Aメロの歌詞意味は、4人の過去を指しているように感じます。

友だちとの関係が表面的で、本当に友だちと呼べる人がいなかった4人。

周りがキラキラして見えたり、自分だけが浮いていて生きづらさ感じているシーンです。

そんな4人が出会い、みんな同じような悩みを抱えているんだと気づくような1話目の話が目に浮かびますね☆

 

【花】1番サビの歌詞意味

1番サビの歌詞意味は、友だち関係で傷ついた不器用な4人が出会い、その居心地の良さに気づくところについてなのかなと感じました。

本音で話せなかったけど、同じ苦労を抱えたこの4人ならなぜか話せる。

ここで過ごしてもいいのかな?信じてみてもいいのかな?』と感じている4人の心情が表れているように思います。

 

【花】2番Aメロの歌詞意味

2番Aメロは、4人が自分の殻をやぶり一歩踏み出しているように感じます。

4人で本音話せるようになり、内に秘めていた感情を迷いながらも伝え、自分らしくあることに自信がついたようにも感じます。

夜々が母親に『過干渉をやめてほしい』と言えたシーン。

自分のためにかわいそうな人を見つけて友達をつくった』と告白した紅葉が目に浮かびます。

 

【花】2番サビの歌詞意味

2番サビの歌詞意味は、いろいろな人がいるけど結局はみんないろんな思いを抱えて生きているんだなと飲み込んだのかなと思いました。

自分の居心地のよさって何だろう?自分はこの居場所で頑張っていこう』みたいな4人の決意が伝わる内容だと感じます。

今後いろいろな壁にぶち当たりながらも、4人が前向きに自分悪しく生きていけるといいですね♪

 

藤井風のコメントから解釈する【花】の歌詞意味

藤井風さんのコメントから【花】の歌詞意味を解釈してみました。

藤井風さんは、ドラマ『いちばんすきな花』の主題歌について、こんなコメントをしています。

<藤井風>

「この物語の主人公達は、人生の色んな答えを探している気がしました。彼らに自分を重ねることのできる人はとても多いと思うし、僕も勝手に彼らの仲間になったつもりで、一緒に答えを探しにいこうと思いました。そしたら今までにないほど、真っ直ぐでピュアな曲へと導いてもらえたような気がします」

引用:ナタリー

藤井風さんのコメントから解釈できる歌詞意味は、みんな違うけどおたがい寄り添いながらそれぞれの答えを見つけていくことだと感じました。

この『花』という歌は、ツアーの移動中に楽器などもない中で台本を読みながら考えられたそうです。

4人の悩みや心情、個性を一生懸命くみ取って作ったので、ドラマ中に流れるとしっくりくるんだと思います。

楽曲づくりには、いつも真剣な様子が目に浮かびますよね☆

 

出演者のコメントから解釈する【花】の歌詞意味

出演者の松下洸平さんが、ドラマ『いちばんすきな花』についてコメントしました。

松下洸平さんのコメントから、藤井風さんの『花』の歌詞意味を解釈してみました。

松下洸平さんのコメントはこんな感じです。

<松下洸平>

「本を読みながら“わかる。あるある”とうなずき、その中で自分らしく生きようともがく4人の不器用な今がとても愛おしくて、少し切なくて。恋愛ドラマのようだけど、それだけではないし、複雑な話に見せかけて、とてもシンプルなことで笑い合うし、なんとも可愛らしい登場人物たちがいました」

引用:フジテレビ

じつはシンプルに見せかけて、よくあることでみんな悩んでいることがわかります。

不器用な4人がみんな愛おしくて、歌詞にある誰もが一人だけど、一人じゃない心地よさが伝わりますよね♪

 

主題歌【花】『いちばんすきな花』の概要

毎週木曜・フジテレビ夜10時~

【キャスト】

  • 潮ゆくえ…多部未華子
  • 春木椿…松下洸平
  • 深雪夜々…今田美桜
  • 佐藤紅葉…神尾楓珠

【脚本】

生方美久

【プロデューサー】

村瀬健

ドラマ『いちばんすきな花』は『silent』のプロデューサー村瀬健さんと脚本の生方美久さんが手がけています。

人間関係に悩みを抱えて生きてきた4人の男女。

2人組になれなかった人

2人組を作れなかった人

1対1で向き合うのが苦手な人

本音で話せなかった人

そんな4人が出会い、友情と恋愛どちらともちがう感情と向き合っていく物語です。

人付き合いについてこういう思いを誰もが抱いて生きていることを教えてくれる、不器用な感情を繊細に表現したストーリーです。

4人の安らぐ場所はどうなるのか、男女の友情はありえるのか?今後の展開が注目されています。

 

藤井風の【花】が指す花とは?

藤井風さんの【花】の指す花は、特定の花ではないと思います。

『内なる花よ』と言っているのは感情や、自分らしさを指しているようにもとれませんか?

『いちばんすきな花』1話目に出てきたのがガーベラで、花言葉は『希望・常に前進』です。

ガーベラのように、4人の今後が希望にあふれているといいですね♪

 

藤井風【花】の歌詞意味まとめ

ドラマ『いちばんすきな花』を見ていると『わかるわかる!』と共感することが多く、セリフ一つひとつが考えさせられます。

藤井風さんの【花】も、絶妙なタイミングでさらに感情を揺さぶってくれるんですよね!

歌詞意味は、憶測ですがドラマと重ねてみるともっと世界観に浸れれるでしょう。

このドラマを見ていると、もどかしく感じる人もいるかと思います。

しかし、だれもがこの4人ともハッピーエンドになることを願っているのはまちがいないでしょう☆

今回は藤井風さんの【花】の歌詞意味の解釈を紹介しました(^^)

タイトルとURLをコピーしました